【エクセルVBA】IEを操作する

excelvba エクセル

2021/7/6更新

※IEはサポートが終了し今後外部操作が出来なくなる可能性があります。

新しい方法でブラウザ操作を行いましょう⇒seleniumとchromeを使ってVBAからブラウザ操作

 

エクセルVBAでIE(Internet Explorer)ブラウザを操作する方法を紹介します。

スポンサーリンク

まずはエクセルの設定

IEを操作する上でエクセルのライブラリ参照設定を行います。

VBA設定画面から設定を行いますが、メニューに「開発」がない場合は追加をしておきましょう。

「ファイル」→「オプション」→「リボンのユーザー設定」から「開発」を表示に追加します。

リボンの設定

次に「開発」→「Visual Basic」を開きます。

VBA

VBA画面からメニューの「ツール」→「参照設定」で設定画面を開きます。

参照設定

上記の二つにチェックを入れてください。

ライブラリ追加

これで下準備は完了です。

VBAコードでIEを起動

まずはIEを開くコードです。

上記を標準モジュールに書いて再生してみましょう。

IEが開くはずです。

また下記を追加すると開いたIEを閉じることができます。

処理の後に記入しておきましょう。

URLを開く

今度は開いたIEで指定のURLを開いてみましょう。

開くコードは

objectIE.navigate URL

でサイトを開くことができます。

これを上記のコードに組み込んでみましょう。

また、URLを開いた後にレスポンスが正常に帰ってくるまで待つ処理も入れておきましょう。

ただ、sleep処理が必要になりますのでライブラリを読み込んでおきましょう。

これでVBAからIEを操作できるようになります。

開いたサイトで、HTMLを取得したり、フォームに入力をしたりと様々なことができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました