【SEO】キーワードをどのように盛り込むか

SEO

SEOで最も重要なのはコンテンツの優位性です。
ただキーワードを盛り込んだだけではだめですし、キーワードと関係ない事ばかりでもダメなのはわかりますね。
ユーザーにとって有意義なコンテンツを作成することが重要です。

スポンサーリンク

キーワードとのマッチ性

これはサイトやページがそのキーワードとどのくらいマッチしているかということです。
当たり前のことですが、キーワードの単語が一切入っていないページは、そのキーワードで上位表示することはありません。
例えば、「美味しい珈琲のお店」というタイトルで、内容に珈琲というワードが入っていない場合、「このページは珈琲に関するページとしては重要度が低い」と判断されます。
逆に、そのページにケーキの話ばかりだと、「このページはケーキに関して書かれているページだ」と判断されケーキというキーワードで重要視されます。
検索対策をするワードは必ず必要ですし、そのワードの関連したワードを盛り込むことも有効です。
珈琲一つとっても、珈琲が飲めるお店の紹介ページなのか、珈琲の原産地を紹介したページかによって検索意図が変わります。
それを判別するために珈琲以外のワードも検索エンジンは見ています。
そのページがどのような人に見てほしいかを考え、その人がどのようなワードで検索するかを考えれば、関連したワードはおのずとわかるかと思います。
ただ、キーワードの盛り込みすぎは評価を下げることもあるので注意しましょう。

関連するキーワードを盛り込む

メインとなるキーワードに付随するキーワードを入れることも評価の対象になります。
珈琲でいうと品種名などがあると珈琲に関することを詳しく書いていると判断されます。
香りや味などもあるといいでしょう。
これらはユーザーに対して何を訴えたいかを判断しているということにもなります。
ユーザーにとって有意義な文章にしていけばおのずと関連するキーワードは入ってくると思いますが、意識的に行っていくのがSEOです。

ニッチなキーワードもロングテールで拾う

あまり検索されないようなワードに対して、上位表示するようなSEO対策もあります。
あまり検索されないということは、競合もそれほど発生しません。
また、ニッチな記事は専門性や知識が必要なものが多く、記事を作成できる人も限られるという点もあります。
検索数や流入数は少なくても、上位を取って少しでも人を集めれば、「このサイトはユニークな情報を発信している」と判断され評価が上がることがあります。
ただ、メインにしたい情報に準じた記事にする必要はあります。
サイト全体のキーワードに対して全然関係ないキーワードだと、評価の分散が起こってしまうからです。

google検索の関連ワードを参考にする

googleなどの検索エンジンで検索をすると、ページの下方に類似の検索ワードや関連した検索ワードが表示しています。
実はこのワードからの流入はかなり多くなっています。
ユーザーが検索をした時に1ページ目にない場合、関連ワードをクリックして再検索することが多いためです。
検索意図と入力したワードが必ずしも一致していないということで、それを補助するための関連ワードですので利用数も多いということです。
関連ワードの中で、自分のサイトに関連するようなものがあれば、そのワードを盛り込んだり詳しく書いた記事を追加するなどするとSEO効果が上がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました